ダルビッシュ対黒田 速報 ダルビッシュが初完封を逃したものの3勝目 - にゅーす芸能。

スポンサード リンク

ダルビッシュ対黒田 速報 ダルビッシュが初完封を逃したものの3勝目

初のダルビッシュ対黒田の日本人対決が話題となったアメリカ・メジャーリーグ。

ともに強豪のレンジャーズとヤンキースの先発として試合に挑んだ二人。

結果はダルビッシュが9回途中まで投げて3勝目。

初の完封は逃したものの、素晴らしいピッチングを披露しました。
ダルビッシュ有 “軌跡” 〜Keep the faith〜 [DVD]
ダルビッシュ有 “軌跡” 〜Keep the faith〜

レンジャーズの本拠、アーリントンで行われたこの試合。

日本人注目の一戦だけあって、多くの日本人が現地で観戦したようです。

初回先頭打者にホームランを打たれた黒田に対し、スコアボードに0を並べ続けたダルビッシュ。

8回終了時点で、被安打6、奪三振10、無失点という内容。

球数は113球と、9回のマウンドに上がるのか微妙でしたが、9回もマウンドに立ちました。

先頭打者を平凡なセンターフライに打ち取り、初完封かと思われた矢先、ヒットを打たれて降板。

リリーフしたピッチャーが次のバッターを併殺に打ち取り、ダルビッシュは3勝目を手にしました。

結局、ダルビッシュは8回3分の1を投げ、
1番ジーターや4番カノーに複数安打されたものの、被安打7
メジャー移籍後自身最多となる、奪三振10
で勝利。

これで、今季の勝敗は3勝0敗となりました。

メジャー初登板は5失点と苦しんだダルビッシュですが、強力ヤンキース打線相手に9回途中まで無失点だったのは、大きな自信となったのではないでしょうか。

ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)

ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 194285
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。