ちゃぶ屋が倒産、ラーメン界のイチローに何があったのか - にゅーす芸能。

スポンサード リンク

ちゃぶ屋が倒産、ラーメン界のイチローに何があったのか

有名ラーメン店ちゃぶ屋などを経営するCHABUYA JAPANが破産状態となり、営業を再開することができなくなったそうです。

開店以降、多くのファンを獲得し、人気有名店となったちゃぶ屋ですが、残念ながら倒産という形になってしまいました。

その風貌からラーメン界のイチローと呼ばれた店主、森住康二にいったい何があったのでしょうか。


ちゃぶ屋は1996年、東京・護国寺に「柳麺ちゃぶ屋」を開店。
2002年にはテレビ東京、TVチャンピオンにて新行列店ラーメン選手権で優勝。

2010年には元フレンチコックの経歴を生かし、従来のラーメン屋とはかけ離れたHONG KONG MISTを香港にオープン。

HONG KONG MISTは、ミシュランガイド香港・マカオ2011に掲載され、ラーメン店として世界初の星を獲得。
経営は順調かと思われました。


しかし、昨年末くらいから護国寺の店舗も休業。

事実上の閉店状態でした。

森住シェフのブログは1月1日から更新されておらず、今回、更新とともに倒産の報告となりました。

秋葉原や横浜、名古屋などにも店舗を構えたちゃぶ屋ですが、これで閉店ですね。

池袋のCHABUTON、町田のCHABUYA ZUTTOなどの系列店も残念ですが全て閉店でしょうか。


有名ラーメン店ちゃぶ屋の倒産に驚かれたラーメンファンは多いのでは。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。